マレーシア不動産情報

マレーシア不動産投資情報:2017年は1,000万~1,250万のお手頃物件に熱視線


お手頃価格の物件に注目が集まる理由

不動産ディベロッパー、不動産投資家はお手頃な価格(1,000万~1,250万)の物件に大きな関心を寄せている。不動産コンサルタント会社(CBRE)によると、不動産マーケット、大きな変化をすることはなく、堅調に推移することが予想されている。

また、仮に政府がアフォーダブル・ハウシング・スキーム(お手頃な価格の物件の購入を促進する計画)を強く推し進めた場合、居住用物件の取引数がわずかに改善され、マレーシア不動産市場全体が上向く可能性がある。

その一方で、不動産取引の価値は減少することが予想され、リテイルや商業用の物件に焦点があてられた場合、不動産市場全体の成長という観点からは、大きな改善は望めないだろう。

インフラの側面からは、クアラルンプール-シンガポール間、またDamansara Shah Alam Expressway(ダマンサラ-シャーアラム)間の高速道路、 Bandar Utama(バンサー・ウタマ)からKlang(クラン)までを結ぶ予定のLRT3(ライト・レイル・トランジット)が、不動産市場全体の成長を大きく促進するきっかけになるだろう。その理由として、インフラの発達に伴い不動産開発エリアが拡大し、開発の可能性を広がるからだ。そういった観点からも不動産とインフラは密接に結びついていると言える。

居住用不動産が今後さらに注目されるエリアとして、Klang Valley(クランバレー)とNilai(ニライ)、Semenyih(セメニヒ)、Kajang(カジャン)などが挙げられ、その理由としてクアラルンプール内の土地の不足、インフラの整備による都市部へのアクセス改善が挙げられる。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


無料EBook:マレーシア不動産ガイド

マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料EBook:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1500万円以上の利益を確定させた投資家が監修


マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

・マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
・マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
・マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、を40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容