マレーシア不動産情報

マレーシア不動産購入希望者必見:マレーシア経済、インフラの発達に伴う不動産購入者のニーズの変化

マレーシア不動産

都市生活の質の向上と不動産

現在のマレーシア経済成長、急速に進むインフラ整備の影響で、まだ開発が進んでいない都市部の高層コンドミニアムや1つオフィススペースを複数会社で共有するストラタ式の物件に住むことが、中間所得層のマレーシア人の間では定番となっており、都市化に伴う渋滞の増加が現在の生活しずらい環境を作り出す一因となっている。

そういった中で、管理の行き届いた物件やオフィスでの生活することに対するニーズが高まってきて、整ったセキュリティーや、適切なハウスキーピングは不動産管理には欠かせないものとなっている。また、管理レベルの向上は、住居者への危険の及ぶリスクを低下させるという側面でも大きな役割を果たすことに加え、投資においても資産価値の向上や資産保護の点でも大きなメリットとなり、通常よりもリターンを期待できる。

マレーシアの不動産管理を斡旋する政府機関のBuilding Managers Association of Malaysia (BMAM)によると、地所持ちの物件とそうでない物件との割合は70:30となっている。2025年までに、その割合は50:50となり、地所付きの住宅の割合は減っていくことが予想される。

また、地所付き物件とは、所有者が実際に物件に対して手を加えなくてもインカムを生み出すことのできる物件を指している。

地所付きの物件、高層ビルが増加する要因には、様々な要因があると言われているが、土地の不足が一番の要因となっている。また、通勤にかかる時間を減らすことを望むマレーシア人が多い事も高層ビルが増える要因となっている。このことは、通常よりも高価で公共交通機関に近いブラウンフィールド(以前はコマーシャルように利用されていた土地)の更なる開発へつながることも同時に予想される。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容