マレーシア不動産情報

マレーシア不動産情報:リタイアメント世代の物件購入に変化!

マレーシア不動産

マレーシアのリタイアメント世代

生活費の上昇に伴い、以前よりも多くのマレーシア人がKLの外れや郊外に物件を購入するようになってきている。その背景には、比較手物件の価格が安いエリアを好み、都会の喧騒や賑わいを嫌う人が増えていることが挙げられる。また、KL市内で狭い部屋に住むより、KLの中心まで多少時間がかかることを考慮しても、広めの部屋で快適に生活したいというニーズもあるように思う。

KLで一戸建てを購入すると、RM400,000(1000万)~RM600,000(1500万)程かかると言われる。その一方で、外れのエリアSabak Bernam や Kuala Selangorでは同じサイズの家がRM200,000(500万)~RM400,000(1000万)で購入することができる。KLの郊外や外れのエリアであっても、高速道路や電車を利用してKLCCを初めとするオフィス街へのアクセスが充実することで、利便性が増し都市部での生活に執着しなくなる傾向が高まることが専門家の間で予想されている。特にこれからの若いカップルの結婚後や、リタイアメント後に、それぞれのニーズに合ったエリアを選択するため、KLよりも生活費が安く、幅の効くエリアをこのむ傾向があるだろう。

また、建設コストもKLの外れや郊外エリアの方が安いことも、購入を決める大きな要因になっている。 例えば、IpohやPerakの外れのエリアの需要が高まっているのも、安い建設コストが関係しているとも考えられるかもしれない。

この傾向は、今後ますます顕著になってくるかもしれない。その理由には、徐々に発展していっている経済と多くアクティビティーがあり、小さいビジネスやお店を経営したいアクティブシニアが増えるかもしれないからだ。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容