マレーシアディベロッパー情報

2017年もマレーシア大手ディベロッパーSP Setia(SPセティア)から目が離せない

マレーシア不動産

2017年もSP Setia(SPセティア)に注目が集まる理由

SP Setia(SPセティア)は、数多くの実績からマレーシアのトップディベロッパーとして認識されており、No.1ディベロッパーとの呼び声も高い。Malaysia Top Property Developers Awards(年間のマレーシアトップ10ディベロッパーを紹介するもの)では、2003年以来ランキングに選出されている。2016年に1位に返り咲き、2015年、2014年はそれぞれ4位と3位という成績だった。Malaysia Top 10 Developers Awards(マレーシアトップディベロッパー)の創設以来、これほどの受賞歴のあるディベロッパーはいないと言われていることからもSP Setiaがマレーシアのトップディベロッパーと言われる理由が分かるだろう。

SP Setia(SPセティア)は、特にクアラルンプール首都圏と言われるKlang Valley(クランバレー)、イスカンダル計画で世界中の投資家から大きな注目を集めるJohor Bahru(ジョホールバル)、世界遺産と知られ、近年インフラの開発が続くPenang(ペナン)で大きな影響力を持つディベロッパーとして知られる。マレーシア以外では、ベトナム、オーストラリア、シンガポール、中国、とイギリスでプロジェクトを進めている。この成功の背景には、企業文化であるチームワークの良さと幅広い経験と専門性があるとSP Setia(SPセティア)のCEO(最高経営責任者)であるDatuk Khor Chap Jenは、以前のEdgePropertyからの取材で語った。また、停滞する現在のマレーシアの不動産マーケットにおいても、それぞれの開発で、周辺エリアのコミュニティーからのニーズと利便性を考慮した戦略的なロケーションを設定することが大切であるとも語る。

格安ではないが高くもない平均的な価格帯で購入可能な不動産、利便性の高い手ごろな価格の不動産の需要は依然として高く、ディベロッパーはそれらのニーズを満たすことに今後も焦点を当てていくだろう。SP Setiaはそれらの顧客からの要求を満たすタウンシップをすでに開発している。その一例として、今年の初めに販売を開始したSelayang(セラヤン)エリアのEco Templer(エコテンペラー)は、環境に優しい暮らしを求めるコミュニティーへの需要を満たす意図で開発が進められ、大きな注目を集めた。

今後のブログでSP Setiaのプロジェクトについてさらに詳しく説明していく。

参考記事はこちら:海辺まで徒歩1分!ペナン島の好立地物件Setia V Residences (セティアブイレジデンス)


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容