マレーシアディベロッパー情報

【最新版】セランゴールの有力ディベロッパーが手掛ける次世代サービスアパートメント

Selangor Dredging(セランゴール・ドレッジング) の手掛けるSqWhereプロジェクトとは

Selangor Dredging Berhad(セランゴール・ドレッジング) はセランゴール州とKLで数々の開発を手掛けるディベロッパーで、2016年には、FIABCI(世界不動産連盟)からFIABCI Prix d’Excellence Awardsを受賞した実績のある有名ディベロッパーだ。

そんな、SDB(セランゴール・ドレッジング)が Sungai Buloh (スンガイ・ブロー)で、様々な用途に適応した複合開発を手掛け、その開発によって生みだされる価値は、160億と言われている。また、このプロジェクトの開発は来年の初頭に始まる予定だが、プロジェクトの詳細についてはすでに公表されている。

このプロジェクトでは、27階建てのサービスアパートメントに加え、4.8エーカーの土地に31階建で302のユニットを提供し、さらには3-6階はリテイルオフィスが完備されているSoVo tower、17階建ての オフィスタワーThe Cubeも含まれる非常に大規模なものだ。オフィスタワーとSoVo towerは、2013年の末にローンチし、それぞれ90%と80%が売れている状況だ。

メインとなるSqWhereの建設は、現在基礎工事の段階で、完成予定は2020年か2021年の第一四半期を予定している。また、SqWhereは2-4ベットルームを選択可能な255のユニットを提供する予定で、ユニットサイズは1,055 ~2,476 sq ftとなっている。ユニット価格は、RM810,000(2,025万)~となっている。ユニットは一部の冷蔵庫やキッチンなどの家具は設置されており、2-4つのパーキングも提供される予定だ。

このプロジェクトの規模や、スンガイ・ブローという開発が進む好立地を考慮しても、今後さらに注目が集まることが予想される。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容