マレーシア不動産情報

マレーシア不動産購入予定者必見:マレーシアの住宅購入者を支援するプログラム

マレーシア不動産

MFHS( My First Home Scheme)

MFHSとは、初めて家を買う人のスキームで、低所得層の若い世代をターゲットに、はじめての不動産購入者を援助するため、100%のフルローンを付けることを可能にした制度である。

必要条件として、下記のものが挙げられる。(35歳未満が対象)

●購入する住宅が10万~40万RM
●税引き前の月収が3,000RM以下
●最低6ヶ月以上の勤続年数
●月の返済額は最大月収の1/3までといった条件を満たすと利用できる。

PR1MA(ワン・マレーシア・ハウジング・プログラム)

PR1MAはワン・マレーシア・ハウジング・プログラムと呼ばれ、都市部の中所得者を対象にした計画である。これは、マレーシア政府が実施をしていた低価格住宅の供給計画の一貫として始まった。このプログラムが実施される背景には、マレーシアでは経済成長にともなう地価の高騰などにより、住宅を購入できない都市部の中間層が増加していることが挙げられる。

PPR(民衆住宅建設プログラム )

低所得者層を対象として賃貸利用として建設されてきた多くの共同住宅が、PRPと呼ばれるものです。PPR住宅の所有者は10年が経過すると、市場価格で転売することができるが、PPR住宅の買い戻し価格を制御する人が少ないという問題点も指摘されている。また、PPRの現行規定は、PPR住宅を購入できるのは地方においてだけで都市部のPPRは賃貸しかできない。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容