マレーシア不動産情報

【最新版】住宅購入者のための政府の施策

マレーシア不動産

マレーシアの物件購入者支援施作について

参考記事はこちら:【マレーシア不動産購入予定者必見】マレーシアの住宅購入者を支援するプログラム

2012

●My First Home Scheme (MFHS)は、2011年の開始から住宅価格の上限をRM220,000 から RM400,000に引き上げた。

●Perumahan Rakyat 1Malaysia Bhd (マレーシアのエージェント)は、中間所得層に向け手ごろで良質な住宅を開発。

●住宅購入のため、従業員供給預金からの引き出しを認める

2013

●RM1.9ビリオンを 戦略的なエリアに位置する123,000の利用可能な物件に割り当てる。

●所要なエリアに80,000の物件を建てるためPR1MA(セレンバン・セントラル・1マレーシア・ピープルズ・ハウジング)が、RM500ミリオンを援助。

●PR1MAは、住宅施設基金合計RM500ミリオンをプライベートディベロッパーと共同での物件建設のために供給。

2014

● PR1MA は、80000のユニットをRM1ビリオンの割り当てと共に供給。ユニットの価格は、市場価格よりも20%安価。

●SPNBは、26,122の利用可能な住宅と、15122の住居、3000のユニットを建設。

●RM4ビリオンを、 計画の練られた大規模プロジェクトに供給するためPR1MAの住宅促進資金に提供。

2015

●銀行融資を受けられない人のために、Rent-To-Ownスキームを導入

●証券譲渡とローン契約のための印紙義務を50%に延長し、購入価格の条件を2016年の12月31日までRM400,000 から RM500,000という価格レンジに。

2016

●PR1MAが175,000の住宅を建設し、これらは市場価格の20%安価な価格で販売される。10000ユニットは2016年に完成が予定される。

●PPRの指揮の下、 22,300のアパートメントと9,800のテラスハウスを建設。

●KPKTの指揮の下、初回購入者を助ける初めての住宅預金計画が成立し、RM200ミリオンが割り当てられる。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容