マレーシア不動産情報

マレーシア不動産情報:BUDGET 2017 WISH LIST(2017年の不動産ウィシュリスト)

マレーシア不動産

BUDGET 2017 WISH LIST(2017年のウィシュリスト)

2017年の10月21日に政府によって、不動産マーケットに充てられる予算が発表されることに伴い、不動産ディベロッパー、コンサルタントを含む14の業界の人を対象にインタビューを行った。回答者の多くが、初めての物件購入者をサポートする簡単な融資やパッケージの充実を望んでいる。これは、家庭を持ち収入が RM10,000 かそれ以下の場合、住宅の価格RM500,000かそれ以下の場合、建設中の物件に当てはまる。

一方で、物件の価格が建設の段階で利率、住宅ローンを含んでいることが望ましいとかたる回答者も多くいた。しかし、この場合現金で購入するキャッシュバイヤーには適応されないという欠点がある。また、高いエントリーコストで苦しむ、初めての物件購入者を助けるための対策の充実も急務であるとの意見も多い。IJM Land(IJM ランド)のディレクターである Edward Chongは次のように語る。マレーシア政府のホームオーナーシップを促進する政策は称賛されるべきものだが、住宅供給の利便性の問題を深刻に表している。 MyDeposit Scheme の割り当てを現在のRM200ミリオンからさらに増加させ、持続的なホームオーナーシップを推進するなど政府からのさらなる支援が重要であると語る。

また、EPF(Employees’ Provident Fund Organisation) アカウントの割り当てを増加させ、頭金を支払いを援助するため、現在の30%から、より多くの金額を引き出すことを可能になれば良いと語る回答者も多かった。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容