マレーシア不動産情報

マレーシア不動産のリスクとデメリット

マレーシア不動産

ここ15年以上に渡り、マレーシアの不動産マーケットにおいて初めて物件を購入することは比較的容易でリスクが少ないと言われてきた。しかし、財政危機のあとで状況は大きく変わったので今回の記事ではマレーシア不動産のリスクとデメリットについて記述する。

マレーシア市場と物件の初回購入

財政危機以前のマレーシア不動産マーケットでは、融資を得て新しい家で生活を始めることは比較的容易であった。しかし、今日ではその状況が大きく変わっている。不動産の価格は近年大幅に上昇し、多くの人が銀行側が提示するタイトな融資基準から融資を得ることができていない状況が続いている。加えて、不動産の価格上昇は不動産バブルの最中にあった10年前同様のレベルにある。特に若者の多い大都市における不動産価格の上昇は顕著で、お金のない若者の多くは購入よりもレンタルを好む状況になっている。 そして、不動産の需要は上昇する一方で、供給は安定し続けている。

マレーシア不動産のデメリット

上記では、マレーシア不動産の価格上昇について記述したが、その他のマレーシア不動産市場の問題点についても見ていく。まず、先進国と比べると不動産情報量が少ないあげられる。しかし、情報供給の基盤が整えば先進国と肩を並べる不動産大国になる可能性を秘めていると言われている。そして、外国人に対して最低購入価格規制が設定されたことで不動産市場における流動性の低下を招いたと言われていることもデメリットとしてあげられることが多い。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容