マレーシア不動産情報

シンガポールの大手ディベロッパーがKL(クアラルンプール)で高級コンドミニアムをローンチ

マレーシア不動産

Kia Peng(キア・ペン)の高級コンドミニアムEATON RESIDENCE(イートンレジデンス)

シンガポール証券市場に上場している大手ディベロッパーGSH Corp Ltd(ジーエスエイチ)は、公式にEATON RESIDENCE(イートンレジデンス)のローンチを発表した。52階建てのGDP(gross development value)11億円のこの物件はクアラルンプールのキア・ペンに位置している。

合計632ユニットは、1ベットルーム~4ベットルームのアパートメントとペントハウスに分かれている。プロジェクトの第一フェーズは5月に始まっており、GSHの完全子会社であるCity View Ventures(シティービューベンチャー)が200ユニットを手掛けたとGHSのセールスとマーケティングのジェネラルマネージャーであるChristopher Khooは語る。さらに、このフェーズに加えてあと2フェーズのローンチを予定しており、2020年の完成を予測しているとも語った。現在は、すでに150の物件がVIPプレビュアーや個人のビュアーによって予約されている。

GSH のエグゼクティブで代表を努めるDatuk Sam Goiは、EATON RESIDENCE(イートンレジデンス)は会社がマレーシアで手掛ける最初のレシデンシャルプロジェクトで、会社にとって重要な一歩であると語り、メインの出資者であるRHB(アールエイチビー)への感謝を述べた。

ユニットの価格は、1ベットルームがRM1,137,445で3ベットルームが RM2,648,250という価格設定になっている。施設は、ジョギング用の歩道、フィトネスセンター、スチームルーム、ラッププールを備えている。また、施設からはツインタワーやロイヤルセランゴールゴルフクラブを眺めることもできる。

交通アクセスについても、徒歩圏内に2020年に開通の予定されるMRT(マレーシアとシンガポールを結ぶ新しい高速鉄道)があり、今後さらに人気が高まっていくことが予想される。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容