マレーシア不動産情報

マレーシア不動産情報:マレーシアの銀行事情と融資について

マレーシア不動産

マレーシアの銀行事情

まず、マレーシアにはMaybank(メイバンク)やCIMBなどが大手銀行と位置づけられており、ATMもショッピングモールを始め様々な場所に存在します。他にも、RHB銀行・中国銀行・OCBC銀行・アライアンス銀行等を良く見かける機会がある。加えて、マレーシアの場合、マレーシアの会社で働いていることが証明できれない外国人は原則として口座開設ができない仕組みとなっている。

 

マレーシア金融機関と住宅購入者融資

マレーシア銀行協会(ABM)とマレーシアイスラム銀行機関 (AIBIM)は、マレーシアに銀行を持ち、要件を満たすホームバイヤーに住宅融資施設の提供を継続すると発表した。ABM と AIBIMの調べによると、金融機関が住宅融資申請を断る理由には、申請者が高い債務返済比率を有し、不十分な収入と信用することの難しい顧客の信用情報の履歴があることなどが挙げられる。一般的に、融資のための申請書の評価は、どのくらい申請者が基準となる5つの分野にマッチしているかに基づき評価されている。5つの分野とは、character(性格)、 capacity(能力)、 collateral(担保)、conditions(状況) 、 capital(資産)だ。厳密に言うと、この分野に細かい判断基準を追加しながら、申請者を総合的に判断する仕組みになっている。不動産を購入するときは、一般的に銀行から融資をうけるため一時的に高い債務ポートフォリオを形成する。そのため、申請者は融資期間内に返済する能力を持っていることが前提となる。


 

その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にお問い合せをください。また、弊社 運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世 界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動 産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しておりま す。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方 は、気軽にご相談ください。

【緊急告知】
マレーシア・ペナン不動産視察ツアーの開催が決まりました。世界遺産の敷地内、ジョージタウンにある物件をご紹介致します。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容