マレーシア不動産情報

The Edge Malaysia’s Top 10 Property Developers Awards 2015 受賞会社一覧(6位~10位)

The Edge Malaysia’s Top 10 Property Developers Awards 2015

今回はThe Edge Malaysia’s Top 10 Property Developers Awards 2015 というマレーシアの不動産ディベロッパーのうち、最も優れた10社に与えられる栄光を勝ち取った会社を紹介する。数が多いため、前半で10位から6位、後半で5位から1位を紹介する。

参考記事はこちら -> The Edge Malaysia’s Top Property Developers Awardsとは

第10位 : Gamuda Land (ガムダランド)

Gamuda Landは 建設部門で上場しているGamuda Bhd(ガムダ)の子会社の一つだ。Gamuda Landは未開発の土地を3,903エーカー所有しており、開発が終わった後の想定価値額はRM570億(RM1 = 27円計算で約3780億円)に上る。

第9位 : IGB Corporation Bhd (IGBコーポレーション)

IGB Corporation Bhdは、クアラルンプールにある、東南アジア最大級の規模を持つショッピングセンターMid Valley Megamall (ミッドバレーメガモール)を開発した不動産ディベロッパーで、過去に建設した4つのオフィスビル及ホテル経営によって収益を確保しつつ、ジョホールで2019年に始動されるSouth Key Megamall(サウスキーメガモール)に備えている。この計画だけでもRM60億(1RM=約27円計算で、約1620億円相当)と試算されている。

第8位 : IOI Properties Group Bhd

IOI Properties Group Bhdは2015年時点で、10,081エーカーの未開発土地を所有しており、その内訳はマレーシアに10,046エーカー、シンガポールに6エーカー、中国に29エーカーとマレーシア以外にも土地を持っている。 主なプロジェクトは、Bandar Puteri Bangi (バンダープテリバンギ), シンガポールの南海岸での混合開発, 中国廈門市のIOI Palm City(IOIパームシティー)である。

第7位 : UEM Sunrise Bhd (UEMサンライズ)

UEM Sunrise BhdはGerbang Nusajaya ( ガーバンヌサジャヤ), カジャンにあるArtisan Hills (アーティサンヒルズ), Floresta-Solaris 3(フローレスタ-ソラリス3),  バンクーバーにあるAlderbridge(アルダーブリッジ)という計画が2016年と 2017年に予定されており、いずれのプロジェクトもRM10億(1RM=約27円計算で、約270億円相当)以上の価値を持つといわれている。

第6位 : UOA Development Bhd

UOA Development Bhdは2015年時点ではRM15億(1RM=約27円計算で、約405億円相当)のプロジェクトを進行させていた。そして、多くのプロジェクトは2016年、2017年に予定されている。その中でも、イポーで行われる、混合型のプロジェクトはRM60億(1RM=約27円計算で、約162億円相当)と大規模だ。

 


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容

コメント

コメントは停止中です。