マレーシア不動産まとめ

マレーシアの新駅と不動産

マレーシア 新駅

SHAH ALAM(シャーアラム)とSubang(スバン)

SHAH ALAM(シャーアラム)は、クアラルンプールから南西に15kmほどの距離にあるセランゴール州の州都である。市内にあるブルー・モスクはマレーシアの中でも有数のモスクであると同時に、観光スポットととしても有名だ。さらには、マレーシアの国営自動車会社のプロトンの工場があり、この工場が建って以来、この街は工業都市として発展した。工業エリア内に製造工場を持つ会社が、国産、外資系を問わず多数存在する。

Subang(スバン)はマレーシアのセランゴール州の都市である。かつて、Subang(スバン)空港はセパンに開港したKLIAクアラルンプール国際空港が完成するまで、マレーシアクアラルンプール国際空港として利用されてきた歴史を持つ。

参考記事はこちら マレーシアの鉄道と不動産

25カ所の新駅

現在は、SHAH ALAM(シャーアラム)、Subang付近でのLRT (高架鉄道)の建設工事の最終段階が終了した。マレーシアの公共輸送資産会社Prasaranaによると、延伸されるKelana Java線は2016年6月30日から開業している。このKelana Java線は同じく延伸されたAmpang線と接続され、この地域だけで25か所に新駅が誕生した。結果として、今後このあたりの地域一体の慢性的な渋滞が徐々に緩和され人々の生活が大きく変化するだけでなく都市開発も新駅の誕生と共に急速に進んでいく可能性も十分に考えられるだろう。


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容