マレーシア不動産情報

不動産ディベロッパー訪問記:IJM Land


先日、マレーシアの不動産ディベロッパー、IJM Landのセールスギャラリーに訪問した。

IJM Landの詳細は別記事に譲るとして、今回はそのセールスギャラリーで見たこと、聞いたことをまとめようと思う。

まずは下の写真をご覧いただきたい。これが受付カウンターである。

マレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Land

実はこれ、マッシュルームをモチーフにしているのだが、お分かりいただけるであろうか。このセールスギャラリー全体がマッシュルームをモチーフにしている、とても奇抜なデザインとなっているのだ。また、各ミーティングルームの名前も、しいたけ、ポルチーニといったキノコの名前で統一されているところも粋である。

IMG_3146

ライトの形もどことなくキノコっぽい。

マレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Land

オフィスにはカラフルな椅子と、物件のスケールモデルが設置してあった。

その中でも、こちらの写真をご覧いただこう。

マレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Land

このモデルで、黄色く光っている建物が、居住用のビルだ。一方、青く光っているものはオフィスビルで、左には高速道路がある。大きなモデルであったため、別角度からもご覧いただこう。

マレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Land

マレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Landマレーシアの不動産ディベロッパー:IJM Land

普段の建物1つ分のスケールモデルとは異なり、多数のビルが1つのモデルに含まれている。なんと、この写真にある建物すべてが、1つのプロジェクトなのだ。IJM Landはタウンシッププロジェクト、つまり、街を一つ作ってしまう巨大プロジェクトを保有している。そして、そのオフィスビルの一角にIJM Landの本社が移転するという、気合の入ったプロジェクトとなっている。しかも、このタウンシッププロジェクト付近に位置する高速道路は、このプロジェクトのために建設される予定だというから、IJM Landの底力を見せつけていよう。

そのタウンシッププロジェクトの名前は、PANTAI Sentral Park (パンタイ・セントラル・パーク)と言い、これも別記事にて紹介をしたいと思う。

ちなみに、最初の写真の右側に花束が写っていたことに気が付いていただけたであろうか。実は前日がローンチパーティだったらしく、その際に受け取った花だという。

また、下の写真のように、大きな画面で物件を説明するスペースもあり、非常に参考になる訪問であった。(画面に映っているINWOOD RESIDENCES プロジェクトは、既に完売らしく、ご紹介ができず、申し訳ない)

IMG_4956

ただ、SECOYA Residences (セコヤ・レジデンス)というプロジェクトは完売前で、しかも実際のセールスギャラリーを見せていただいたため、次の記事で紹介をしたいと思う。

 

 


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容