マレーシアディベロッパー情報

マレーシアのディベロッパー紹介⑤:PRG HOLDINGS

今回紹介するマレーシアのディベロッパーは、PRG HOLDINGSである。 PRG HOLDINGSのホームページはこちら

PRG HOLDINGSはマレーシアの証券取引所に上場しているディベロッパーである。このディベロッパーの面白いところは、傘下の子会社である。まず、物件、建設部門で4社の子会社を有し、一方で製造業部門として10社(内4社はベトナム)を有している。そして、製造部門では家具の革帯をはじめとした繊維業を行っている。

マレーシアのディベロッパーはこのように他の業務を掛け持ちしていたり、本業が開発業でないものまで多様である。中には、このプロジェクトが終わったら西洋レストランを運営する、などというディベロッパーまでいる。開発業以外の業務を行っている多角経営の会社には、2種類の会社がある。1つはビジネスプランがしっかりしていないために手を広げすぎた会社、もう1つは確実な柱を立てたうえで新しい事業に展開している会社である。先の例のディベロッパーは前者であるが、PRG HOLDINGSは後者であろう。というのも、繊維業は1983年から開始し、保有している子会社の数も多いからである。このような会社は、保有プロジェクト数が少なくなるが、資金的な懸念は払しょくできる。実際、PRG HOLDINGSは現在2つしかプロジェクト持っていない。

Piaccaso residence(ピカソ・レジデンス)

その2つの中で、弊社はPiaccaso residence(ピカソ・レジデンス)をおすすめしたい。

Piaccaso residence(ピカソ・レジデンス)

Piaccaso residence(ピカソ・レジデンス)は、クアラルンプール都心部でありながら、外国大使館が多く集まっている閑静 な高級住宅街に誕生するコンドミニアムである。家族を持つ外国人駐在員に人気 のあるエリアの為、リーシングが容易だと予測できる。

この物件の詳細もまた別記事にて行うことにする。なお、本物件は弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyでも閲覧可能であるため、ぜひご覧になっていただきたい。

 


その他本物件に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyでは他の物件もご覧になることができるため、ぜひお越しください。

弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定でしたら、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容