マレーシアディベロッパー情報

マレーシアの不動産ディベロッパー紹介其の11: Engtex(エングテックス)

マレーシア不動産ディベロッパー:Engtex

今回紹介するマレーシアの不動産ディベロッパーはEngtex Properties Sdn Bhd(エングテックス・プロパティ)だ。

会社概要

Engtex Properties Sdn Bhd は ENGTEX GROUP BERHAD の完全子会社である。ENGTEX GROUP BERHAD は1983年にマレーシアで設立された。設立直後は、クアラルンプールでハードウエアの小売業を行っていたが、徐々に流通ネットワークや自社倉庫を拡大し、それに伴って事業規模も大きくなっていく。その後原油を利用した、セメントパイプをはじめとし、ワイヤー、地上式消防栓、マンホールなどの工業製品を扱うようになり、現在は20を超える完全子会社を保有する大企業となったのだ。

一方、Engtex Properties Sdn Bhd はENGTEX GROUP BERHAD の保有する6つのディベロッパー子会社の1つであり、2007年8月に設立された。デザイン、便利さ、機能性、そして建設とプロジェクトの価値において、新しくかつ必要不可欠な水準を作り上げるという目標を掲げている。

保有プロジェクト

現在Engtex Properties Sdn Bhd が保有するプロジェクトは3つある。うち1つはEmerald Avenueというストリートモールで、100店以上の小売店、合計300超の居住空間を有する、複合施設である。

プロジェクトの数では、あまり大きな不動産ディベロッパーとは言えないが、親会社は大企業であることから、倒産等の懸念は少ないであろう。また、保有プロジェクトはクアラルンプール郊外、バトゥ洞窟のそばというあまり良いとは言えない立地からも、未熟で小さな会社というイメージはぬぐえない。

Tiara(ティアラ)

そんな彼らの持つプロジェクトがTiara(ティアラ)である。この物件はやはりバトゥ洞窟のそばに位置しているが、郊外だからこそ実現できる安価で広い面積という魅力を持っている。

マレーシア不動産:Tiara

弊社はこの物件の視察を行ったため、以下の記事をご覧いただきたい。

 


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容