マレーシア不動産まとめ

マレーシアの不動産紹介:Contours Melawati

Contours:マレーシア不動産

今回はマレーシアに在住の筆者が、現地で物件を視察して感じたこと、物件の特徴などを筆者が撮影した写真を交えながら説明していく。

今回紹介するマレーシアの不動産は、一戸建て住宅、Contours Melawatiである。ディベロッパーはGBGである。(ディベロッパーの紹介記事ができ次第、リンクを張ります)

場所

場所はマレーシアの首都クアラルンプール中心から、車で30分ほどの閑静な住宅街。近くにある山からは水晶が取れるらしく、国が保護しているとのこと。そして山のおかげで、風が吹き、空気が滞らないため、マレーシアの暑さを紛らわしてくれる。また、周りには団地のように住宅が広がり、都会の喧騒を忘れることができる。具体的な場所は下の図を参考にしていただきたい。

セキュリティ

一戸建て住宅で最も懸念されるのがセキュリティーである。まず敷地入り口のゲート(セキュリティーハウス)を入ろうとした時、今回の視察ではウーバーというタクシーのようなもので現地に向かったのだが、セキュリティーガードに止められた。なんとかアポイントがあることを伝えて筆者だけ入ることができたように、入り口のセキュリティーは申し分ない。

また、肝心の家の鍵であるが、下の写真のようにカードキーや鍵穴式ではなく、暗証番号を入力するという形式をとっている。また、入り口付近にはセキュリティハウスに直通する電話が設置してあり、緊急時には連絡ができるし、来訪者はセキュリティハウスを通して居住者の許可を得ない限り、敷地内に入ることができないという高いセキュリティーを見せていただいた。

Contours:マレーシア不動産 Contours:マレーシア不動産

外観

外観は下の写真のようである。この物件には、地上部2階、地下部2階のタイプと地上部4階のタイプがある。

Contours:マレーシア不動産

内観

内観は以下のようである。なお、家具などのレイアウトは一例で、物件によっては家具が一切ない状態での引き渡しになることがあるため、ご留意いただきたい。

Contours:マレーシア不動産Contours:マレーシア不動産Contours:マレーシア不動産Contours:マレーシア不動産Contours:マレーシア不動産Contours:マレーシア不動産

特筆する部分は、バスタブがあること。湯船につかる習慣があまりないマレーシアでは、高級コンドミニアムにもバスタブがないことが多い。そんななか、この物件はバスタブが付いているため、外国人の我々や駐在員に対して高評価を得ることができよう。さらに、敷地内にはプライベートの小規模なプールがあり、広めの庭も用意されているため、知人を呼んでバーベキューを行うこともできる。また、建物内には専用のエレベーターがあり、階段を上り下りすることなく、他の階に移動することができる。

価格

価格は物件によって前後するが、おおよそ4~5百万リンギット(2016年7月8日現在1リンギット=約25円)で、以前の記事で述べた最低購入価格を超えているため、国籍等問わず誰でも購入することができる。以前の記事はこちら:不動産購入時の注意点@マレーシア

最後に

その他本物件に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyでは他の物件もご覧になることができるため、ぜひお越しください。

弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定でしたら、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容