マレーシア不動産まとめ

【Kuala Lumpure(クアラルンプール)特集】 KLCC地区 part.2

ブキッビッタン

KLCC地区のオススメ観光地

前回に引き続きKLCC地区のご紹介だ。

「レストラン」

美味しいマレーシア料理を楽しむなら、KLCCエリアの中でも Jalan Alor (ジャランアロー)がオススメだ。場所は、ペトロナスタワーの南側、Bukit Bintang (ブキッ・ビンタン)にある。

Jalan Alor (ジャランアロー)には中華系の屋台が沢山並んでおり、マレー風に味付けされた中華料理が楽しめる。美味しい料理を安く、たくさん楽しめる。中でも、バクテーはぜひ食べて頂きたい。

↓バクテーが気になる方はこちらの記事をご覧ください。

【マレーシアの生活】マレーシアの『食』レポート!

 

IMG_2074

 

もう一つのオススメは、ショッピングモールに入っているレストランだ。先程ご紹介したPavillion(パビリオン)には、日本のデパートに入っているような高級レストランがいくつもあり、日本より安い値段で本格料理を楽しめる。(日本食は日本に比べ高いが…)

↓こちらも以前、レポートした記事があるのでご覧ください。

【マレーシア不動産購入に興味がある方必見!】「マレーシアの不動産EXPO」に行ってきました!

 

マレーシアの小籠包

「ショッピング」

KLCC地区には、ショッピングモールがいくつもある。今回は中でも大型で日本人に人気のショッピングモールを3つ紹介しよう。

一つ目は、Suria KLCC (スリア KLCC)だ。ペトロナスツインタワーに併設されたショッピングモールで、KLCC駅と地下通路で繋がっており、非常にアクセスの良いショッピングモールだ。日系テナントは伊勢丹、紀伊國屋書店などで、有名ブランド店、映画館やスーパーマーケット、フードコードなどのテナントが入居している。

次にご紹介するのは、Pavillion  (パビリオン)だ。こちらのショッピングモールには、450以上のテナントが入居し、スリアに比べ高級ブランドが多い。中には、Tokyo Streetという日本のお店が集中したエリアもあり、マレーシアに居ながら、日本に来たような錯覚になる。

最後にご紹介するのは、Berjaya Times Square (ベルジャヤ・タイムズ・スクウェア)だ。こちらは今回ご紹介したショッピングモールの中で最大で、1000以上のテナントが入っており、2つの5つ星ホテルが入っている。

 

以上、KLCCのレストランとショッピングについての記事であった。

 


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容