マレーシア情報

【マレーシアの生活】マレーシアの『食』レポート!


皆さま、こんにちは。

マレーシアオフィススタッフの吉岡です。

本日は、マレーシアの不動産取引から少し離れ、マレーシアの 『食』についてお話ししようと思います!

マレーシア不動産を購入し、滞在をお考えの方にとって食は心配事の一つではないでしょうか?今回は、美味しいマレーシア料理を知って頂き、そんな不安を少しでも解消できるよう私的マレーシア料理、ベスト3をご紹介したいと思います。

 

第3位 サテ (Sate)

サテは、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、タイなどの東南アジア諸国で広く食べられている串焼き料理です!

小さく切った鶏肉や山羊肉を、ケチャップマニスや食塩、コリアンダーなどの香辛料で作ったタレに漬けこみ、串に刺して炭火でじっくり焼き作ります。

外見が日本の焼き鳥に似ているので、日本人向けのレストランでは「焼き鳥」と日本語表記されることも多々あります。
しかし、鶏肉が使用される「サテ・アヤム(sate ayam)」の他に、牛肉を使った「サテ・サピ(sate sapi)」、ラム肉を使った「サテ・カンビン(sate kambing)」など他の肉でも作られており、バリエーションに富んでいます。
お値段は一般的なレストランで、一本2RMから4RMほど、日本円で100円前後ととても安く、ちょっとした軽食やつまみとして美味しくいただけます!

第2位 スチームボード

マレーシアの名物料理の1つが「スチームボート」という鍋料理。
真ん中に煙突のようなものがついたドーナツ型の鍋で、ダシでチキンや魚介のスープに肉や魚介、野菜などの具材を煮込んで食べる寄せ鍋のような料理です!

中でも、おすすめのレストランは客家レストランです!
有名なショッピングモールパビリオンとペトロナスタワーすぐ近くに位置し、
マレーシアでとてもポピュラーなレストランです。
スチームボード以外にも、日本人の口にあった美味しい中華が楽しめます!
マレーシアに来られた際は是非訪れてみては如何でしょうか?.

第1位 バクテー

バクテー

第1位は、バクテーです!
少し前の記事でもご紹介しましたが、バクテーとは、マレーシアの鍋料理で、ぶつ切りの豚あばら肉や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理です。このスープに揚げたパンを浸けて食べます。

また、バクテーは、ドライバージョンもございます。
ドライバクテーとはスープの代わりにソースを使ったバクテーです。
こちらは黒くドロドロしたソースは見た目ほど濃くなく、ご飯がすすみます。

バクテー

クアラルンプール近郊のクランという都市が発祥の地であり、クランにはいくつもの有名なレストランがあるそうです。私はクランへ行ったことがありませんが、機会があれば是非行きたいなと思っております!

今回はマレーシアの『食』についてのご紹介でした。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容