マレーシア不動産購入&売却ガイド

【マレーシア不動産購入&売却体験談】「為替を考慮した出口戦略」失敗談

マレーシア不動産の為替失敗談

 

前回のブログで少し為替と海外不動産の関係について触れたが、実はお恥ずかしい話、私はマレーシア不動産購入で「為替を考慮した出口戦略」に失敗している人間のうちの1人である。この失敗談は私がマレーシアに移住をはじめた2011年に遡る。

2011年にマレーシア・クアラルンプールに上陸した私はすぐに賃貸不動産物件を探しそこに住んでいた。クアラルンプールの超都心部の賃貸物件家賃相場は1LDKで月額約RM3,500(本日時点の為替レートで約91,000円)だった。毎月マレーシア人のオーナーさんに家賃を払い続けることを考えると馬鹿馬鹿しいなと思い始めていた頃であり、休みの日を利用して週末は1日数件のコンドミニアム、特にKLCCやBukit Bintang(ブキビンタン)、時にはクアラルンプール最大の日本人街であるMont Kiara(モントキアラ)まで足を伸ばし内覧をしていた。

日系不動産会社が企画する不動産視察ツアーにも参加したことがあるが、日本人向けだと聞いていたのに私以外全員中国人のお客さんで、その人達は既にアジア各国の不動産視察ツアーに参加しており、海外不動産投資の仕方や海外での税金対策など数時間に渡って指導していただいたことを覚えている(笑)

また別の機会で詳しく解説するが、長期に渡りかなりの数の不動産(コンドミニアムのみ)を内覧していた私は、2013年ある超値打ち物件に辿り着く。どう考えても値下がりリスクが低そうで失敗が無さそうな不動産物件であり、これは今すぐにでも買わないと損だという結論に至った。海外不動産投資で「これだ!」と思った時には即決したほうがいい。これは海外の不動産に限らない話かもしれないがいい物件、稀少性の高い不動産というのはすぐに無くなってしまうからだ。恐らく不動産投資をされている皆さんも何度も経験されていると思う。

ただし海外不動産投資が日本のそれと違うところは、不動産地価動向や賃貸市場データ等の他にもいくつか特有の変数があるところだ。その中でとても重要な変数が「為替」である。

私の場合、今すぐにマレーシア不動産を買いたいと思ったその時が運悪くちょうど「リンギット高」の時だったのだ。下のグラフを見てほしい。赤く印が付いているところが私がクアラルンプールの不動産を購入・契約した時なのである。

 

マレーシアリンギット円推移

2013年のマレーシアリンギットはRM1=32円超え。。。私がマレーシアに移住した2011年と比べると7円以上高くなってしまっていた。つまり単純に計算しても例えばクアラルンプールの外国人購入可能最低金額であるRM1,000,000の物件を購入した場合、2011年のRM1=25円の時に買っておけば2,500万円で買えたのに2013年のRM1=32円の時に買ったものだから3,200万円で買ったことになる。700万円も違う訳だ。これは本当に大きな差だ。

私の場合はマレーシアの銀行で住宅ローンを組んでいたので物件価格の全てを現金で買った訳ではないが、かなりリンギット高の時に買ったことは今更だが後悔している。これはお世辞でも成功例とは言えない。失敗例である。
このブログを書いている2016年6月現在のマレーシアリンギット為替は、なんとRM1=25.4円。ナジブ首相のスキャンダルや原油安が影響しマレーシアリンギットはかなり安い状態なのだ。また不景気ということもあり不動産価格も落ち着いてきており今なら値引き販売も交渉しやすい。

はっきり言ってマレーシア不動産の購入時期としては、今は相当いいタイミングだと思われる。

 

↓ 本記事に関連する記事はコチラ

【マレーシア・クアラルンプールで不動産購入&売却してみた】実際に海外不動産売買した日本人が教える『優良コンドミニアム物件の選び方・賃貸の出し方・売却の仕方』②ダトゥ(ダトー・Dato)について

【マレーシア・クアラルンプールで不動産購入&売却してみた】実際に海外不動産売買した日本人が教える『優良コンドミニアム物件の選び方・賃貸の出し方・売却の仕方』①自己紹介


無料EBook:マレーシア不動産ガイド

マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料EBook:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1500万円以上の利益を確定させた投資家が監修


マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

・マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
・マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
・マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、を40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容