マレーシア不動産まとめ

【マレーシア不動産ニュース】日本人のロングステイ先マレーシアが10年連続1位


 

ロングステイで不動の人気を誇るマレーシア

先月のニュース記事だが、これからマレーシアでの不動産投資、移住をご検討の方にとっては、興味深いニュースであるため紹介する。

 

2016年04月15日 08:36 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本のロングステイ財団は、日本人のロングステイの希望先でマレーシアが10年連続で1位になったと発表した。

調査は昨年3月から12月までの間に、ロングステイ財団主催のイベントやセミナーの参加者を対象としたアンケートを集計したもの。4,880人が参加した。

2位はタイ、3位はハワイ、4位はオーストラリア、5位はフィリピンとなった。タイとハワイ、オーストラリアも昨年と同位を維持した。

東南アジアからは、シンガポールが8位、インドネシアが10位に入った。

ロングステイ財団は声明で、マレーシアが10年連続1位と安定した人気を保っている理由について、長期滞在プログラム「マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」プログラム制度の充実度や気候、治安、医療水準の高さを挙げた。またロングステイ希望国トップとしてのイメージも評価されていると分析した。

 

10年連続1位をマレーシアは成し遂げ、圧倒的な人気を見せつけている。

 

上記のように、気候、治安、医療水準はもちろんのこと、近年では、教育水準も高く、子供さんの教育のためにマレーシアに移住される方も多くなってきている。

また、筆者自身は、食事も美味しく、マレーシアの人々も親切なところも人気のポイントだと思っている。

2020年の先進国入りを目指しているマレーシアは、これからもっともっと成長していくと思われる。
今後に期待をして見守りたい。

マレーシアの首都、クアラルンプール


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容