マレーシア不動産まとめ

【マレーシア不動産に影響大!】マレーシアの新幹線(HSR)計画


今回はマレーシアの新幹線 『HSR(High Speed Rail)』についてだ。

不動産にも大いに関係のある話題である。

マレーシアの新幹線(HSR)とは

 

HSRは、クアラルンプールとシンガポール間を90分でつなぐという計画だ。

2016年現在、クアラルンプール、シンガポール間は列車で7時間、バスで5時間、フライトで1時間(市街地への移動や搭乗手続きを含め4時間)もかかってしまう。
これを考慮するといかに、HSRが画期的な計画であるかを感じていただけるであろう。

 

マレーシア政府は、2020年の運転開始と計画していた。しかし、事業規模を考慮すると、再考する必要があるとの見方をしており、現実的には2025年から2030年の完成になるのでは推測されている。

 

完成が10年近く遅れるなど、日本では考えられないことだが、
計画通りに進まないことはマレーシの人にとっては日常茶飯事で、現地の人々も当然のように受け入れている。

 

また、このプロジェクトには、JR東日本、住友商事、日立製作所、三菱重工業など日本の企業と、フランス、ドイツ、中国の企業とが受注獲得に向け、争っている。

その中でも故障が少なく、安全性の高い日本と、コストパフォーマンスが高い中国の一騎打ちになる見込みで、近日中に、入札が行われるそうだ。

エコノミストは、観光客の増加や不動産市場の成長などの波及効果が期待できるとの見解を示している。そしてシンガポール側のターミナルになる「ジュロン・イースト」 エリアでは、ターミナル建設用地が決まり、既にその周辺にはホテル建設が始まっている。

 

HSRの建設予定地

以下の都市に駅が建設される予定で、これらの駅周辺は数年で、急速に開発が進むことが予想されている。不動産投資に関心をお持ちの方には参考にしていただきたい。

 

・クアラルンプール (Kuala Lumpur)
・プトラジャヤ (Putrajaya)
・スレンバン (Seremban)
・アイルケロー (Ayer Keroh)
・ムアル (Muar)
・バトゥ・パハ (Batu Pahat)
・ヌサジャヤ (Nusajaya)
・シンガポール (Singapore)

 

HSRの建設予定地

 

「THE STRAITS TIMES」より引用

 

 


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容