マレーシア不動産情報

【マレーシア不動産投資や移住希望者必見】「MM2Hビザ」

ブキッビッタン

MM2Hビザとは

さて、今回は「MM2H」というビザをご紹介しよう。

 

そもそも、マレーシアへの渡航者は、ビザなしで通常3ヶ月の滞在が認められており、、3ヶ月以上の滞在には、ビザが必要とされる。

そしてそのビザの種類は、

マレーシアで働く人のための就労ビザ、

留学生のための学生ビザ、

マレーシア人と夫・妻を持つ人のための結婚ビザ、

など、どの国でも取得できる一般的なビザがあるが、年齢・職業など規定は非常に厳しく、取得は安易ではない。

 

仕事も退社している。学生でもない。

だからと言ってマレーシア人と婚姻することも出来ない。

 

けれども、マレーシアに住みたい。

そんな人の為に、マレーシアには、経済面の申請条件をクリアすれば、

誰でも取得し、マレーシアで長期滞在できる夢のようなビザがあるのだ。

 

それが、

「MM2H (マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)」 だ。

MM2H

このビザを取得すれば10年間の長期滞在が認められる。

その間、大学に通う必要も、仕事をする必要もない。

 

MM2Hビザのメリット

ただ長期滞在が認められるだけでなく、他にもたくさんのメリットがある。

いくつか例を列挙しよう。

 

・自由に入出国ができる(滞在義務がない)
・マレーシアに銀行口座が持てる
・資産のリスクヘッジとして活用できる
・定期預金の利率がよい
・定期預金の利子に対する税金免除
・年金に対する税金免除
・マレーシアには相続税がない
・住宅を購入できる
・住宅ローンを組む際に融資枠が一般に比べよい
・日本から車を免税で持っていける
・国産車を市場価格より約40%安く購入できる
・就労ができる(週20時間まで/条件有)
・事業の投資ができる(政府ガイドライン有)
・家族も連れていける
・子供・孫をマレーシアのインターナショナル校や大学に通わせられる などなど

 

如何だろうか。

非常に魅力的なビザであることが分かっていただけると思う。

退職後、家族で移住し、ゴルフなどレジャーを楽しむ。

そんな夢のような生活を実現させてくれるビザと言よう。

マレーシアのデパート

MM2Hビザの申請条件

さて、気になる申請条件だが、以下のようになっている。

 

〈50歳以上の方〉

・最低35万リンギット(約1225万円)以上の財産証明*3)と月額1万リンギット(約35万円)以上の収入証明又は年金証明*4)
・仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約525万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要あり。
※2年目以降は医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に5万リンギットを引き出す事が可能。50歳以上の方

 

〈50歳未満の方〉

・最低50万リンギット(約1750万円)以上の財産証明*3)と月額1万リンギット(約35万円)以上の収入証明が必要。
・仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約1050万円)をマレーシアの金融機関に定期預金する必要あり。
※2年目以降は医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に15万リンギットを引き出す事が可能。

 

詳しくは、マレーシア観光局のホームページをご覧ください。

 

マレーシアの不動産を購入し、長期滞在したい。そのような考えをお持ちで、

経済的な諸条件をクリアする方は、ぜひご検討いただければと思う。

 

 


その他本記事に対しての質問等ございましたら、お気軽にコメントをください。また、弊社運営の海外不動産専門ポータルサイトSEKAI propertyではマレーシアの不動産をはじめ、世界中の不動産、物件情報をご覧になることができるため、ぜひお越しください。(海外不動産にまつわるコラム、記事、各種告知も行っています。)

また、弊社では、希望者に対してマレーシア不動産視察ツアー、説明会を開催しております。マレーシア不動産をご購入されるご予定の方、この記事を読まれて興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。また、各種イベント等の告知は適宜SNSにて行っておりますので、興味のある方はフォローをお願いします。

【告知】マレーシア不動産視察ツアーの開催が決まりました。詳しくは以下のページをご覧ください。

【マレーシア不動産視察ツアー】クアラルンプール現地視察 2016年度開催のご案内(オーダーメイド・通訳&送迎車付)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

マレーシア不動産の情報がほしい不動産視察ツアーの案内がほしいその他

お問い合わせ内容